更新日:

主人公の息子・慶太は幼い頃から他の子供とは違っていた。 言葉が遅かったり、種類が言えなかったり、話せるようになってもオウム返しや独り言が目立ったり、またいつも一人で遊んでいるような子だった。

ママ友たちは「おとなしくてうらやましいわ」と言うが、主人公は他の活発すぎるほどの男の子たちと明らかに異質なわが子の様子にどうしても不安が拭えず、ついに病院で診てもらうことに。

その診断結果は『アスペルガー症候群』… 医師は、それは決して病気ではなく、個性だと思って接してあげてくださいと言い、主人公もその言葉に従って前向きに慶太の成長に向き合おうとする。

ところがある日、とんでもない事件が! 5人の人命を奪った16歳の少年がアスペルガー症候群であることが報道されたのだ。

がぜん、周囲の慶太に対する反応は厳しく恐れるようなものになり、主人公もなすすべもなく精神的に追い詰められていくのだった――…。 

いいねいいね
Loading...

「アスペルガー症候群の息子を持った母の苦悩」 by 瓜渡モモ


-ご近所騒がせな女たち, プレミアム
-

Copyright© マイストーリーズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.