女の一人暮らしは舐められる?!引越し見積もり時に怖かった話【一人暮らしの引っ越しトラブル?2年でアパートを3回引っ越した話⑤】by koyome

いいねいいね
Loading...

更新日:

 - 引越し, 独身時代 ,

さてさて前回、自主的な転勤(?)により、3回目の引越しの準備をしなければならなくなりました。

最初の就職時には両親の手を借りて自力で引っ越しましたが、2回目からは流石に頼るわけにもいきません。(県外だし、どんどん離れていってるし)

というわけで、引越し業者さんへの見積もり依頼も、2回目となりました。2回目ともなれば慣れたもの!とも言えない訳がありまして...。

強く言えない私もいけなかったのですがね。

若い女が1人、ということで言い方は悪いですが、すごい横柄な営業さんでした。(もちろん、誠実な会社もありましたが)

ということで営業さんが家に来るのが、若干のトラウマとなってしまった私は苦肉の策で....

元々交渉ごとが得意な当時彼氏(現夫)には本当に助けられました。

もちろん最初の引越し時と違う営業マンだったのですが、あまりの態度の違いにびっくりしました。

とりあえず誰もタメ口聞かない!

認めたくはないですが、まだまだ女ひとり(特に若い子)は舐められやすい、ということを実感した出来事でした。(童顔だったのも関係あるのかな)

余談ですが、現在も大きな買い物や交渉ごとは、男手があった方がスムーズだなぁと感じたこと、多々あります。(悲しいことですが。)

というか、大きな買い物で営業さんと話す時、大抵名刺は夫にしか渡されないんですよね....。(私の経験は、保険、車屋さん関係、住宅関係などなど)

悲しく思えるのは私だけじゃないはず。

(逆に私にもちゃーんと渡してくれる営業さんがいるとすごくすごく嬉しいです)

一人暮らしの人(特に女性)は、こういう場面で、可能ならば誰かに同席してもらうと、全然違ったりするよ!という話でした

※全て私の個人的感想と偏見なのであしからずご了承下さい。

 

 

続きます。

 

いいねいいね
Loading...

-引越し, 独身時代
-,

Copyright© マイストーリーズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.