緊張で迎えた最初のお客様「はじめての介護職④」by pinky

いいね (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

更新日:

 - ママ, 介護, 働くママ

マイストーリーズをご覧の皆様、こんにちは!
ブログ「家事ときどき介護~介護は一息、今度は育児!?~」を書いている
ピンキーと申します。

今回は「はじめての介護職③」の続きになります。

いざ実際に認知症の方と接するとなると
ちゃんと対応できるのか・・・不安もあり、
とても緊張していた私。

 

 

ついに、一人目のお客様が入居されました。

 

 

一人目のお客様は
とても穏やかそうなおばあさんでした。

 

 

認知症の方と接する機会というのが
ほとんどなかった私でしたので、
失礼な話ですが、最初に思ったのは
”普通のおばあさんに見える”でした。

口数こそ少なかったですが
話しかければきちんと答えてくださり、
食事も排泄も自立していらっしゃいました。

こちらは食事を提供したり、入浴を見守ったり、
できないことを少しお手伝いをする程度でした。

 

 

お客様と接する機会が増えれば増えるほど
認知症に対するイメージが変わっていきました。

 

 

認知症には種類があることや
認知症の症状がそれぞれ違うことなど
勉強してきたはずでした。

しかし、私は実際に接してみるまで
想像ができなかったのです。

認知症の方と接することが少し怖かった私でしたが、
知らないからこそ怖かったのだと思いました。

 

 

新規オープンしたばかりの施設で
こうしてひとりひとりお客様が入居されていく・・・
その場にいられることが嬉しく思えました。

 

全てのお部屋にお客様が入居される頃には
毎日がとても忙しくなり、大変なこともたくさんありましたが、
この仕事が大好きになっていました。

 

そして・・・
想像しているだけでは何も始まらない。
行動して、実際にやってみなければ
何も分からないのだと、実感したのでした。

いいね (1 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

-ママ, 介護, 働くママ
-

Copyright© マイストーリーズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.