私が介護の仕事を始めるまで① by pinky

いいね (2 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

更新日:

 - ママ, 介護, 働くママ ,

今回からマイストーリーズさんにて記事を書かせていただくことになりました、

ピンキーと申します!

 

「家事ときどき介護~介護は一息、今度は育児!?~」というブログを書いています。

ブログを始めた頃は介護ブログでしたが、現在は育児ブログとなっています。

 

私は過去に介護の仕事をしていたのですが、

こちらでは、私が介護の仕事を始めるまでのお話を書いていきたいと思います。

 

 

 

介護職など知りもしなかった子どもの頃の私は、

学校の勉強は得意ではありませんでしたが

絵を描くことが大好きでした。

 

将来の夢は画家になること。

それ以外には考えられませんでした。

 

習い事は何をしても続かず・・・

 

 

逃亡して家族を困らせることもしばしば。

 

気にいらないこと、嫌なことからは逃げ出す。

興味のあること、好きなことだけには集中できる。

そんな子どもでした。

 

そんな私が唯一続いた習い事、

それが絵画教室でした。

 

私が通っていた絵画教室は

小学生までしか習うことができませんでしたが、

私はもっともっと絵を習いたかったと思っていました。

 

そして中学校では美術部に入りました。

 

(※中学時代は果てしなく地味でした)

 

中学校で進路に悩むことは一度もありませんでした。

画家になるにはどうしたらいいのかを考えるだけです。

 

職場見学では、本当に画家さんのアトリエへ行きました。

夢はふくらむばかりです。

 

このまま高校へ行って、美術大学へ行って・・・

そう思っていました。

 

しかし、私は思春期に

とんでもない反抗期を迎えます。

 

中学3年生の頃がピークでした。

イライラして、ムカムカして、モヤモヤして、

家では特に、感情が抑えられなくなっていました。

 

全てどうでもいい・・・!

何かに燃えたい・・・!

 

そんな風に思い、高校生活を過ごした私。

 

絵を描くことも

そこまで好きではなくなりました。

 

今までどうして画家にこだわっていたのかも

分からなくなったのです。

 

 

高校生になってまもなく、夢を失いました。

 

進路に悩むことがなかった私が、

初めて進路に悩み始めます。

 

この頃、興味のあったことといえば

心理学や哲学でした。

 

子どもの頃から母に

頭の良い兄と比較されてきた私は

どうしても大学に行きたかった。

 

 

大学へ行って、心理学や哲学を学ぼう!

そう決めて、ここから大学受験が始まります。

 

ところが私は、受験勉強が苦手で、苦痛でした。

(それに気づいたのは、浪人して大学受験が終わった後のこと。

”母に認められたい”という強い思いが自分の中にあることに気づいたのも、

ずいぶん後のことです。)

 

浪人してまで大学を目指したのに

私はどこの大学にも入れなかったのです。

 

単純に、勉強不足でした。

もともと、興味のないことにはがんばれないのです。

 

 

受験に失敗し、

母には「お金をかけたのに!」と文句を言われるし、

消えてなくなりたい思いでした。

 

そんな燃え尽きた私を救ったのは

兄でした。

 

 

同じ家に住んでいるのに

わざわざメールをくれた兄。

 

ここからの立ち直りは早かったです。

通信制でも、大学は大学!

 

通信制の大学に通いながら、バイトをしよう!と決めました。

 

書類を提出すれば、ほぼ受かる。

そんな通信制の大学に合格し、私は大学生になりました。

 

その大学では社会福祉士の受験資格が取得できるということを知り、

せっかくだから資格をとっておこう、と思ったのが

介護に関わる、最初の出来事だったように思います。

 

 

ちなみに、大学では心理学や哲学も勉強しましたが、

今となっては勉強したことを何も覚えていません(笑)

 

 

 

続きます。

 

 

いいね (2 votes, average: 1.00 out of 1)
Loading...

-ママ, 介護, 働くママ
-,

Copyright© マイストーリーズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.